Sweden

【スウェーデンワーホリ】家探しの方法


Lucaです。
スウェーデンに来てから数ヶ月が経ちました。

私は現在2nd hand(賃貸)で部屋を借り暮らしています。
現地に住む人たちに教えてもらいながら、部屋探しをしたので私もそのコツをここで共有します。

スウェーデンの住居事情


スウェーデンの大きな都市(ストックホルム、ヨーテボリ、マルモなど)ではスウェーデン人でも何年も待つ人もいるぐらい部屋探し(2nd Hand)は苦労します。
ストックホルムや大きな街では部屋探しは大変困難です。

だから現地の人たちは20代でもアパートを買うという話をよく耳にします。そして家族が増えたら「家を売り→買う」という流れで住居を確保しているのが一般的です。

デンマークでもけっこう部屋探しは苦労しましたが、スウェーデンはそれ以上に厳しい感じがしました。(あくまでも体感です)
ワーホリに来ている友人は全然見つからずホステル暮らしという人もいました。

私の場合は本当に運が良く10日で見つけました。
家主に聞いたところ応募者が10組以上いたみたいで、その中でも私が日本人であったり条件が合ったりしたので選んでいただけました。。(日本人ブランド最強)

完全に家探しは運とタイミングもあると思うので、気長にやっていくしかないと感じます。


家探しの具体的な方法


家探しで使うサイトはこちらです

Blocket
国内最大の売買サイト。

・Facebookグループ
ストックホルム掲示板
スコーネ掲示板

ーMarketplace
(Facebookの機能)


私はストックホルム掲示板に

・予算
・いつから(+いつまで)
・希望の場所 (ストックホルムなど)


投稿し、個人メッセージが届きそこから部屋を見つけました。

日本人の奥さんとスウェーデン人の旦那さんと子供3人のいる家族で、家を買ったばかりで半地下の部屋を貸し出してくれています。

部屋探しで気をつけること


部屋探しで大事にするポイントは

①治安
②家具付き
③オーナーができればスウェーデン人または日本人

です。

治安


ストックホルムの治安の悪い場所はGoogle map上で作ってみたので確認してみてください。
マイマップ

スウェーデン人の友人2人から聞いた話だけなので、他にも危険地域があると思うので知っている方がいたら教えて下さい!
またこちらのニュースにも私がまとめた場所について書いてありました。

憎悪と愛国(1)スウェーデンの変貌


相場


ストックホルム市内の相場は中心部だと一部屋借りるのに7000kr(91,000円)、
少し外れた場所(中心部から電車で30分)だと5000kr(65,000円)くらいはかかると言われています。

ストックホルム中心部が10とするなら
Sollentuna=8
Upplands Väsby=6

と離れるほど相場は安くなります。

詐欺について


そして部屋探しで一番気をつけることは詐欺です。
怪しいのは「先にお金を払ってくれ」と言ってくること、立地や部屋が相場に合っていないものです。

防ぐコツは

・どんな詐欺があったか知っておくこと
・実際に物件を見に行けるなら行くこと
・契約書を頭からお尻までしっかりと読み通す(不安なら信頼できる人にも一緒に見てもらう)
・できるならコネクションを使うこと


実際にあった巧妙な詐欺を紹介します。(FBストックホルム掲示板より抜粋)

(英語を翻訳しました)
オーナーとWhatsappやemail上で連絡を何度か取り合い、ビデオ通話上でアパート見学をしたりした後契約書を書きました。そしてオーナーがアパ-ト組合に許可を得てくれました。そして敷金(デポジット)を払い、いざ鍵をもらう日付にオーナーは消えデポジットがドボンに。。
おすすめは物理的にアパートに訪問することと、アパート組合に承認が必要な場合は直接電話して確認してください。
私の他に6組のカップルが騙されました。あるカップルがBlocketを仲介して払いたいと言うと、「それはできない」と言われたそうです。

賃貸情報のサイト自体が詐欺で、会費を払うとコンタクト先を見れるのですが、どの物件にコンタクトを取っても契約済みと出て来ました。 この手の偽サイトは本当に多いです。でもBostad Direktというサイトはけっこう利用料がお高めなんですが本物で、私の現在の住まいもそこで見つけたんです。ここは貸主も借主も料金が発生するので逆に詐欺がきにくいのかなと思います。 おまけに利用料も気になる物件が見つかったら入会して、入会後は大家さんの連絡先が自由に見られ45日間使い放題、45日後は自動的に解約され追加の料金もありませんでした。  

airbnbで借りた家、アパートを自分の物件としてセカンドハンドで貸し出すとアナウンスし内見まで行ってデポジットを騙しとる人がいます。


デンマークやドイツなどヨーロッパでは、日本のように仲介人なしで物件を探すのが一般的なのでこういった詐欺もよく見受けられます。
だから自分で気をつけないといけないのです。

私は一度、デンマークで軽い詐欺にあってしまったのでそこからはもう知り合いか、日本人か日本のことを理解している現地人からしか借りないと決めました。ヨーロッパはコネクション社会なので、仕事や住居は知り合いに聞いて探すのが一番いいと思います。

さいごに


私も2020年3月に初めてデンマークで部屋探しをした時は誰にも頼らずやってしまったため、見落としてしまって損をしてしまったり、なかなか家を見つけることができなかったりと苦労をしました。

でもコツがわかったり知り合いに助けてもらったりしてだんだんとコツがわかってきたので、これから初めて探す人の役に立てればと思います。

でわ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です