Sweden

【スウェーデンワーホリ】銀行の作り方

こんにちは
Lucaです!

スウェーデンで仕事を見つけた次には銀行作りをしなければなりません。

私自身はスウェーデンでお仕事をしていないので銀行を作っていませんが、ワーホリで来た人で実際に作った日本人の女の子(Sちゃん)からお話を聞いたのでまとめました。

1. 作れる銀行



スウェーデンには何種類かの銀行がありますが、その中でも「Handelsbanken」というところで作れたという話を聞きました。しかし、その中でも店舗によって対応の差があります。

結局人が判断しているので、事務手続きは対応してくれる方によって結果が大きく左右されてしまうのです。(ヨーロッパあるある?)

他にも1年の滞在の方で「Nordea Bank 」で作れたという声もありました。
体験談が少ないので、これからワーホリをする方たちは根気強く銀行を何店舗も回るということもしなければならないと思います。

Sちゃんも実際に店舗か周り作ったそうです。

2. 必要なもの



絶対必要なものは「仕事の契約書」です。(おそらく身分証明書も必要だと考えられる)
「コーディネーションナンバー」をもらってから銀行を作るほうがスムーズかもしれませんが、「契約書」だけでも作れたというふうにSちゃんから聞きました。
早く仕事の給料を振り込んでもらいたい場合は「契約書」だけで銀行を回ることをおすすめします。

3. 流れ


1.  仕事を見つけて契約書をget
2.  Skatteverket(税務署)で「コーディネーションナンバー」を申請(契約書必要)
3.  (※急ぎの場合は) 契約書を持っていき銀行を作る
4.  (※急ぎでない場合は)コーディネーションナンバーgetした後、契約書を持っていき銀行を作る

※コーディネーションナンバーの場合は「BankID」をもらうことができないため、「Swish」という電子決済や友達との割り勘の際に便利なものを使うことができません。



私が実際に体験したわけではないので、細かい情報をお伝えできませんでしたが、もし付け足して欲しい情報や間違いなどあればご指摘ください。

では

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。